アーティスト

アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti)

針金みたいな人体彫刻がトレードマークのこのスイスの彫刻家は、若い頃は気鋭のシュルレアリストだった(1901年10月10日-1966年1月11日)。

ジュネーブの美術学校と工業学校で学び、1922年にパリへ。

巨匠ブールデルの教室に登録したが、それよりキュビスムに惹かれ、1930年からはシュルレアリスム運動に参加。

この時期の抽象度の高い作品は、エロティックかつ攻撃的。

針金人体は戦後から。