アーティスト

マックス・エルンスト(Max Ernst)

ソース

ドイツ出身、パリで没(1891年4月2日 – 1976年4月1日)。

画家・彫刻家。

第一次世界大戦中にダダに接近、戦後、ケルン・ダダの中心となる。

1922年、ブルトンの招きでパリに移住。

1920年にはすでにシュルレアリスム的なコラージュを制作しており、1925年にはフロタージュを創始するなど、技法開拓の面でもシュルレアリスム絵画を先導する。

第2次世界大戦中はアメリカに亡命、同地のシュルレアリスト、ドテロア・タニングと結婚した。